『HUMAN LOST 人間失格』のあらすじ結末・感想・見逃し動画配信先

昭和111年、日本は無病長寿国となった中で、死ぬこともできない、主人公“大庭葉藏”…。

彼の物語を太宰治の小説をベースに描き、生死について考えさせられたり、アクションも見どころの『HUMAN LOST 人間失格』
11月29日に公開されたこの映画の、まずはあらすじからご紹介しましょう。

[予告版動画はこちら]

前半のあらすじ

昭和111年の東京。極度に高度化された社会の中で、経済格差などいろいろな歪みが生まれ、その中で本来のネットワークからはみ出して異形化する「ヒューマン・ロスト現象」が広まっていました。

ヒューマン・ロスト現象を起こした異形体人間は「ロスト体」と呼ばれ、凶暴で人を襲う存在に。そして対ロスト体機関として、300人の「合格者」と呼ばれる人たちと、彼らに従う「S.H.E.L.L.機関」が構成されました。

そんな中、ひどい大気汚染や貧困の広がる「アイトサイド」エリアに住む主人公・大庭葉藏は、だらだらと怠惰な毎日を過ごしていました。

彼はある日、暴走集団とともに、特権階級の者だけが住むことができる「インサイド」エリアに突入しようとします。

ちょうどその時に遭遇したのがS.H.E.L.L.機関一員である柊美子。彼女はアプリカントと呼ばれる「人間から“ロスト体”になる者を探す能力を持つ」人間です。

彼女は、レインボーブリッジで暴走行為を働く葉藏と暴走集団の竹一がロスト体に変化したのを発見。自らが葉藏らに触れることで人間に戻すのに成功しました。

葉藏は堀木正雄という男からもらったドラッグを飲んだことで、一時ロスト体となり、竹一がインサイドに乗り込もうとするのを手助けしようとしていたのです。

葉藏は、美子からロスト体のことや自身がアプリカントに覚醒したことを教えられましたが、ひとまず堀木正雄の元へ向かい…

そこから彼の戦いが始まっていきます・・・。

生きることを見いだせない葉藏と対照的な竹一のテンションの高い姿が印象的でしたね。また、正雄と美子の見る未来が対照的だったりと、どのキャラクターも個性や心情が良く表されていました。また、設定も独特で、東京を舞台にした近未来のSFの世界観が見どころ。

環境汚染によるスモッグが蔓延し、人々はガスマスクを手放せず19時間も働くという設定は色々と怖くもなりましたね。

体内のナノマシンにより管理される人々は、120歳までの寿命を約束されますがそれは良いことばかりではない…

葉藏が仮死状態になっていた際にすぐに蘇生させたり、事故で腕を無くした竹一にロボットのような腕を付けたりするという設定に対し、死なないことに対しての問いかけも感じさせます。

あらすじ(後半と結末のネタバレ)

堀木正雄は葉藏が覚醒したと知り、今の無病長寿国の制度を壊して1から作り変えようと言うのです。

美子は別の明るい未来があると言って葉藏を説得しますが、正雄は彼の心臓を奪って巨大なロスト体と共にS.H.E.L.L.の本部と合格者を襲います。

美子は命を賭けて葉藏を救い、彼は正雄たちと戦って勝利を収めるのでした。

感想など

デザイン・アクションがカッコイイ!

ロスト体のデザインは怪物と言うのにふさわしく、凶暴で強い!ラストはビルと同程度の大きさで登場して圧巻でしたね。

また、覚醒した葉藏が変身する姿はまさにダークヒーロー。2段階あるどちらの姿もドクロや鬼といったモチーフを思わしつつも、強さを見せつけてくれました。

他にも、近未来らしさあふれる東京の街並みのデザインも素敵ですが、竹一のバイクもすごかったです。前輪が無くてホバーができるようになっていて、ウィリーする様やカーチェスは序盤での見どころと言えるでしょう。

堀木正雄の目的と過去、葉藏の変化とは?

正雄は医師として長寿国への発展に貢献していた過去を持っていた。そして彼には人間がロスト体になる未来しか見えなかったことで今回のような手段に出た…

しかも、大切な人がロスト体になって生きながらえさせているという、悲劇的なストーリーを持っていたのも色々と考えさせられましたね。

一方で葉藏が「生きている」という実感をした瞬間は果たしてどの場面だったか…

彼の身上の変化に注目してもう一度見たくなる作品でしょう。

◆この映画が好きな人におすすめしたい作品
覚醒した葉藏の姿は燃え盛るような骸骨にも似た見た目であることから『ゴーストラーダー』を想起させますね。また、死んでは生き返ることを繰り返す設定は『亜人』(アニメ・実写映画化)も思わせ、どちらもオススメしたい作品です。『人間失格』は邦画で実写化もしているため、作家である太宰の生涯と苦悩、そして女性たちとの遍歴を見たい方はそちらもオススメですよ。
今作で気になったこと
太宰の小説との共通点、声優の評判など

作品概要と主な登場人物紹介

作品概要

【原案】太宰治 『人間失格』
【スーパーバイザー】本広克行
【監督 】木崎文智
【ストーリー原案・脚本】冲方丁
【キャラクターデザイン】コザキユースケ
【音楽】菅野祐悟
【主題歌】m-flo 「HUMAN LOST feat. J. Balvin」
【制作会社】ポリゴン・ピクチュアズ
【企画・プロデュース】 MAGNET、スロウカーブ
【配給】東宝映像事業部
【上映時間】110分
【公開日】2019年11月29日

主な登場人物

大庭葉蔵(声:宮野真守)
柊美子(声:花澤香菜)
堀木正雄(声:櫻井孝宏)
竹一(声:福山潤)
渋田(声:松田健一郎)
厚木(声:小山力也)
マダム(声:沢城みゆき)
恒子(声:千菅春香)

『HUMAN LOST 人間失格』の口コミ

『HUMAN LOST 人間失格』の見逃し動画配信サービスは

こちらは現在映画公開中のため、見逃し動画配信サイトの情報はありません。
見逃し動画配信サイトが発表されましたら最新情報を更新します。

関連記事

太宰治の生涯を描いた『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日に公開し、小栗旬を始めとした豪華キャスト陣が抜擢されたことで話題になっています。エンターテインメントとしての演出の良さや、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの見どころも[…]

チェックしておきたい!『HUMAN LOST 人間失格』関連グッズ



スポンサーリンク
アニメ人間失格アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!