『バベル(BABEL)』のあらすじ・見どころと見逃し配信の動画視聴先


(アマゾンの商品画像です)

『バベル(BABEL)』は2006年に公開された、メキシコのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督による作品です。

キャッチコピーは「届け、心」「神よ、これが天罰か」。旧約聖書の創世記第11章のバベル(村の名前)に関する記述をベースに「神から与えられし人間の苦悩」が描かれています。

舞台はモロッコ、メキシコ、アメリカ、日本という遠く離れた4つの場所。前後する時間軸を基に、ある事件がきっかけでこの4つの地の人々のストーリーが交差していく作品です。

ブラッド・ピット、役所広司、菊地凛子などの名演も素晴らしいです。(PG12指定作品)

 

『バベル(BABEL)』のあらすじ

冒頭の舞台はモロッコ。裏売買でライフルを手に入れた父親は、羊を追うジャッカル退治の為にライフルを息子兄弟に手渡します。

兄弟はライフルの腕試しを始めますが、出来心から遠く離れた道を走る観光バスを標的にしてしまいます。ところが、当たる筈の無い弾丸がバスに命中してしまい、モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦が被弾してしまいます。

急遽、近くの村に救助を求めに行く夫妻でしたが、現地人との言葉の壁や地域性、ツアー客との意思がすれ違い救助活動が思う様にいきません。

アメリカ人夫婦はメキシコ人のベビーシッターを雇っていて、旅行の際に息子たちをベビーシッターに被けていました。

そのベビーシッターは息子の結婚式で帰国する事になっていたのですが、帰国が遅れた夫婦の子供たちをメキシコに連れ出す事にします。ところが再びアメリカに戻る際、ある問題が起きてしまいます・・。

一方、モロッコでの捜査の結果、舞台は日本に移ります。高校生の千恵子は聾唖者。千恵子は母の死をきっかけに父との関係がうまくいかずにフラストレーションを抱えています。

遠く離れた地で起きた狙撃事件の糸が日本の舞台へと繋がっていくのですが…。
 

この作品の根幹である旧約聖書の記述が、重要な鍵になっています。タイトルの「バベル」とは聖書に記載されている村の名前からとられています。

天まで届く高い塔(バベルの塔)を建てようとした民に怒りを覚えた神が、民の言葉をバラバラにしてしまいます。意思疎通が出来なくなった民は世界中に散っていくのです。

言葉が違う、コミュニケーションの方法が違う事で意思の疎通が取れず全ての物事がうまくいかない一方で、言葉通じる同じ民族同士でも思いが通じない苦悩を描いています。

後半の千恵子と刑事のシーンからエンディングの音楽は胸に刺さります。

『バベル(BABEL)』のお勧めポイント

この作品は聖書の記述をベースに、人と人の意思疎通の難しさと、誤解に因る苦悩は今もなお絶える事が無いと言う嘆きが描かれています。
と同時に、逆に「言葉が通じなくても心は通じる」というイニャリトゥ監督の願いが描かれているとも言えます。

時間軸をバラバラに描いたストーリーが最後に回収されるまでの展開も、監督の手腕が光っています。

タイトルがなぜ「バベル」なのかが理解できれば、人間の尽きる事のない苦悩が深く描かれている事に驚くことでしょう。

名作です!まだ観ていない方は是非!

作品概要と主な登場人物紹介

作品概要

  • アメリカ映画
  • 【監督】アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
  • 【脚本】ギレルモ・アリアガ
  • 【原案】アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ギレルモ・アリアガ
  • 【製作】スティーヴ・ゴリン、ジョン・キリク ほか
  • 【音楽】グスターボ・サンタオラヤ
  • 【製作会社】メディア・ライツ・キャピタル
  • 【配給】(米)パラマウント・ヴァンテージ(日本)ギャガ
  • 【公開】(米)2006年10月27日(日本)2007年4月28日
  • 【上映時間】142分
  • 【言語】英語、日本語、スペイン語、アラビア語

主な登場人物

  • リチャード・ジョーンズ(ブラッド・ピット 吹替:松本保典)
    妻と旅行でモロッコを訪れたアメリカ人。
  • スーザン・ジョーンズ(ケイト・ブランシェット 吹替:塩田朋子)
    リチャードの妻。モロッコで観光バスで移動中に銃撃を受けてしまう。
  • アメリア(アドリアナ・バラッザ 吹替:磯辺万沙子)
    リチャードとスーザン夫婦の家で使用人をしているメキシコ人女性。
  • サンティアゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル 吹替:小森創介)
    アメリアの甥。アメリアが息子の結婚式のためにメキシコに帰った際、アメリカに送り届けようとするが国境で警察に掴まりそうになる。
  • 綿谷安二郎(役所広司)
    娘の千恵子と二人暮らしをする男。妻を自殺で亡くしている。
  • 綿谷千恵子(菊地凛子)
    安二郎の娘。母を亡くし父ともしっくり来ず、自分は聾者で孤独感を抱え暮らしている。

『バベル』の口コミ

この映画を観た他の方の感想を拾ってみました。

『バベル』の見逃し動画配信サービスは

『バベル(BABEL)』』は2020年3月現在、以下の各動画配信サービスで配信されています。

動画配信サービス配信の有無
U-NEXT見放題
Amazonプライム・ビデオレンタル 204円+税

※情報は2020年3月10日現在のものです。料金には消費税が加算されます。
※レンタルとは、月会費とは別にそれを見る時に別途課金されるもので、各サービスにより2日間~7日間程度の視聴期間が設定されています。

映画やドラマの見逃し配信、スポーツ、LIVEステージまでたっぷり楽しめる!期間限定
アイキャッチ画像_1205px白
最新情報をチェックしよう!