DC映画おすすめ7選!ヒーローやヴィラン(悪役)の見どころ・楽しみ方

アメリカで人気の “DCコミック” を原作に、実写映画化した「DC映画」
2005年の『バットマン ビギンズ』から始まり、2020年までに全部で14作品が公開されました。


(『バットマン ビギンズ』DVD クリック/タップで楽天へ)

新シリーズのバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンといったヒーローから、ジョーカーやハーレイ・クインといった悪役(ヴィラン)たちの映画まで種類は様々。14作のタイトルをご紹介すると…

  1. バットマン ビギンズ(2005年)
  2. ダークナイト(2008年)
  3. ダークナイト ライジング(2011年)
  4. グリーン・ランタン(2012年)
  5. マン・オブ・スティール(2013年)
  6. バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年)
  7. スーサイド・スクワッド(2016年)
  8. ワンダーウーマン(2017年)
  9. ジャスティス・リーグ(2017年)
  10. アクアマン(2019年)
  11. シャザム!(2019年)
  12. ジョーカー(2019年)
  13. ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(2020年)
  14. ワンダーウーマン1984(2020年)

となっています。

今回はこの中で特に「続編などを考えずに、単発で見てもおもしろい作品」を7つご紹介!上記からヒーローが主役作品を4つ、悪役側が主人公となる作品を3つずつ選びました。それぞれの見どころや楽しみ方をお伝えします!

当ブログに記事のあるものはリンクしておきますので併せてご覧くださいね。

DCロゴ

目次

ヒーローメインのDC映画

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

見どころは富豪であるバットマンの開発する様々な武器やバットモービルなどの乗り物、そして悪党どもと戦う際の体術!スーパーマンのマッハで空を飛ぶ様から強大な一撃!といったアクションですね。2人の戦いでバットマンの健闘する姿は緊張感を感じさせます。

ちなみに、フラッシュが一瞬出て来て「ボクは早すぎた!」と言い去ったり、ワンダーウーマンがラストで協力してくれるのにも注目ですよ。彼らが集う『ジャスティスリーグ』も是非、見てみてください。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を見てから、彼らの単独作品を見ていくのもオススメ。バットマンとスーパーマンがこれまでどのように戦って来たのか、彼らが大切にする者たちとは?という設定を踏まえた上でもう一度見て欲しいですね。

アクアマン

オームを止めようとメラはアクアマンに協力を求めるのがストーリーの始まりとなります。父を始めとする大切な者のために彼は武器・トライデントを探しに行くのです。

アクアマンの戦い方は豪快で、ブラックマンタと呼ばれる強敵相手に挑む様が見どころですね。また、メラは水を操る能力を持つため演出がキレイです。全体を通して海底の街の輝きや、魚を始めとした生き物が美しいですよ。イタリアや砂漠での冒険も見逃せません。
アクアマンの『ジャスティスリーグ』での活躍もお見逃しなく。

シャザム!

後半では、ビリーと母親についてや、友人との関係にも焦点が当てられます。そして、敵となるシヴァナもスーパーパワーを持っているため、シャザムとの戦いは目が離せません!果たしてビリーは彼に勝てるのか…スーパーマンばりの戦いを見せてくれたり、ラストの驚きの展開にも注目です。

ワンダーウーマン1984

ゴールドアーマーを身にまとったワンダーウーマンが、チーターのような獣人と戦う様にハラハラ!また、ヘスティアの縄を使って自在に空を飛ぶのも凄いですが、ラストの使い方も必見ですね。泣けるシーンもあるため、ハンカチ片手に是非ご覧ください。

悪役(ヴィラン)がメインのDC映画

ジョーカー

彼は精神安定剤を服用していましたが、援助金が不足したことで発作が頻発しています。唐突に笑い始めるアーサーを不気味に思う周囲、そして理不尽な出来事が続いていく中で彼の生き方の変化とは…?

アメコミのバットマンの宿敵といえばジョーカー。そんなジョーカーが誕生するまでの物語を描いたのが今作です。アーサーの笑い方が段々と狂気じみてきたり、行動にハラハラさせられたりするのが見どころですよ。隣人の女性との関係、子供の頃のウェインとの出会いなどを踏まえてもう一度見たくなるタイプの映画です。

※映画は金獅子賞、アカデミー賞(主演男優賞)にホアキン・フェニックスが選ばれました。すごい!

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

クリーム色の髪にブルーとピンクのグラデーションがかわいいハーレイ。天真爛漫、かつ自由に生きる彼女はこれまで多くの者から恨みを買っていたのです。そのため、色々な輩に狙われる序盤は見ていてハラハラしますね。ハーレイが追い込まれている!という深刻な感じがしないのも特徴でしょう。
バットを振り回し、柔軟に戦う彼女のアクション、ラストにかけて共闘する3人の女性にも注目ですよ。

スーサイド・スクワッド

ウィル・スミス演じるデッドショットの正確無比の射撃能力、全身のタトゥーと炎を操る力が凄いディアブロなどのアクションが見ものです。冷酷な魔女との最終決戦の様子もきっと心に残りますよ。

もっとDC映画を楽しめるグッズ!

雑誌Pen+(ペンプラス)のDC特集版。DCを理解するための入門書に良いと、Amazonのレビューでも高評価です。


販売ページに解説がなく、英文の製品説明の翻訳からですが、「DCコミックの音楽75周年記念コレクション」として、スーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンなどのテレビアニメの主題歌などが収められている模様です。

 


DC映画14本の中でも特に私がお勧めする7本の、見どころや楽しみ方をご紹介しました。

DC映画は時系列などの繋がりがあるものも多く、それらを続けて見るのももちろん楽しいのですが、今回取り上げたのは単発で見ても十分楽しめるものばかりです。ぜひご覧になってみてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画館での鑑賞や家で海外ドラマを見るのも好きです。特にアクションやファンタジー、MCU(アメコミ)作品からアニメ系の映画。ドラマはクライム(犯罪)、推理も見たりしますね。皆さんが興味を惹かれるような紹介ができるよう、楽しみを見つけていきたいと思います。また、おすすめ作品もあれば是非、教えてくださいね!

目次
閉じる