ドラマ『アキラとあきら』のあらすじ・見どころと見逃し配信サービスは

『アキラとあきら』は池井戸潤の同名の経済小説が原作で、2017年にWOWOWの「連続ドラマW」枠でテレビドラマ化され放送されました。
同じ時期に書かれた「空飛ぶタイヤ」「鉄の骨」と共に映像化され、本作も映画化が決まっているそうです。

元行員で税理士や会計士の経験から経済を題材に登場人物たちの群像劇が池井戸作品の作風の中で、珍しく主人公をふたりにして対等な立場のまま30年もの時間を描いた特徴的な作品となっています。

舞台は1970年代のオイルショックから2000年代のバブル期までの30年間で、対照的な生い立ちを持つふたりの主人公が運命的に出会い、2人に課せられた宿命に立ち向かう姿を描いています。第34回 ATP賞テレビグランプリを受賞。

WOWOWOWの特別映像はこちら

『アキラとあきら』のあらすじ

時はバブル景気前兆の1986年4月。メガバンク中央産業銀行の新人研修で、ファイナル研修かつ最大の目玉である「融資戦略プログラム」がありました。

これは新人行員が、融資を申し込む会社側と融資を受ける銀行側に別れて、融資が正当なものかを稟議するもので、その迫真の流れが最大の目玉です。

240人の新人行員の中でそのファイナル研修まで勝ち進んだ2つのチーム。

審査委員長に羽田融資部長を迎え、全新人行員たちが見つめる中、舞台上で両チームが対峙するファイナルラウンドがスタートします。

融資を申し込む会社側の財務担当役の階堂 彬は東大卒の秀才。
彼は実際の財務資料を基に融資の申し込み資料を作成し、業績を説明した上で一億円もの融資を申請します。

対する銀行側の融資担当役の山崎 瑛は資料の内容と業績の説明を受けるのですが、なんと融資を断ってしまいます。
階堂と同じく東大卒の山崎は階堂が作成した資料を粉飾だと見破ったのです。

この時のファイナルラウンドは新人研修の伝説となり、こうしてふたりの「あきら」は運命的な出会いを果たしお互いに意識する存在となります。

時は遡ってオイルショックの混乱期真っただ中の1974年元旦。大企業・東海郵船の新年会で、集まった階堂一族と関係者たちを冷めた目で見つめる11歳の少年がいました。

その少年こそ、東海郵船を継ぎ、階堂家を盛り立てていく宿命を課せらた御曹司の彬でした。
その彬は、この頃にすでに山崎と出会っていたのです。

見どころ

生い立ちもそれまでの人生も真逆のふたりの「あきら」が運命的な出会いをきっかけに人生が大きく動いてゆくヒューマンドラマがこの作品のポイントになっています。

自らの苦い経験からバンカー(銀行員)としての信念を信じて貫く「瑛」と、大企業の御曹司として宿命を課せられながらもその宿命に抗いバンカーとして生きようとする「彬」… この二人を待ち構える試練の数々や、その試練にどう立ち向かっていくのか?

彼らを取り巻く登場人物たちとの人間関係もこの作品の見どころです。

『アキラとあきら』のお勧めポイント

銀行を舞台に、全く違う人生を歩んで来たふたりの「アキラ」が運命と宿命に立ち向かう姿は観ていて熱くなります。
経済作品が作風の池井戸作品ならではの企業間問題や経済トラブルのリアルさも魅力となっていつつ、知識が無くても楽しめる内容になっているのがおすすめポイントです。

全9話のドラマですが、続編も期待せずにはいられません。

映画化の話もあるようなので、そちらも期待大です!

wowow

『アキラとあきら』の見逃し動画配信サービスは

『アキラとあきら』は2021年3月現在、以下の各動画配信サービスで配信されています。

動画配信サービス配信の有無
U-NEXT見放題
hulu見放題
Amazonプライム・ビデオ×
FODプレミアム見放題
dTV×
NETFLIX見放題
TELASA見放題
YouTube×
Google Play×

※情報は2021年3月13日現在のものです。料金には消費税を含んでいます。
※レンタルとは、月会費とは別にそれを観る時に別途課金されるもので、各サービスにより2日間~7日間程度の視聴期間が設定されています。

FODプレミアム

また、以下のDVD宅配レンタルサービスでBD/DVDを借りて観ることもできます。(文字のクリックで各サービスに飛びます)

主な登場人物と作品概要

主な登場人物

  • 階堂 彬(かいどう・あきら 向井理、少年期:小野寺晃良、幼少期:大西利空)
    本作の主人公の一人。大企業・東海郵船の御曹司という恵まれた立場で育つ。次期社長という宿命にあるが、本人はそれをよしとしない。
  • 山崎 瑛(やまざき・あきら 斎藤工、少年期:神尾楓珠、幼少期:石川樹)
    本作の主人公のもう一人。父が町工場の経営に失敗し、貧しい中、苦労して育ってきた。
  • 安堂 章二(小泉孝太郎)
  • 産業中央銀行の人事部行員で新人研修も担当。かつて彬の家庭教師をしていた。

  • 北村 亜衣(田中麗奈、少女期:山田杏奈)
    瑛の幼なじみで医者。
  • 階堂 龍馬(賀来賢人)
    彬の弟。
  • 階堂 一磨(石丸幹二)
    階堂彬の父親で東海郵船社長。
  • 階堂 晋(木下ほうか)
    一磨の弟で彬の叔父。東海旭商会社長。
  • 山崎 孝造(松重豊)
    山崎瑛の父親。
  • 水島 カンナ(瀧本美織)
    階堂彬と同僚の女性で、東海郵船を担当する。彬とは徐々に同僚から恋人に発展?

作品概要

  • 【原作】池井戸潤『アキラとあきら』(徳間書店「問題小説」2006年12月号〜2009年4月号で連載)
  • 【脚本】前川洋一
  • 【監督】水谷俊之、鈴木浩介
  • 【音楽】羽岡佳
  • 【プロデューサー】青木泰憲(WOWOW)内丸摂子(東阪企画)
  • 【製作】WOWOW、東阪企画
  • 【放送】WOWOWプライム「連続ドラマW枠」
  • 【放送期間】2017年7月9日 – 9月3日
  • 【回数】全9話・各60分

 
最後に、この映画に関連したグッズをピックアップしました。興味があればぜひご覧ください。

チェックしておきたい!『アキラとあきら 』関連グッズ

created by Rinker
¥1,276(2021/05/07 06:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥11,237(2021/05/07 06:23:09時点 Amazon調べ-詳細)
映画やドラマの見逃し配信、スポーツ、LIVEステージまでたっぷり楽しめる!期間限定
アイキャッチ画像_1205px白
最新情報をチェックしよう!