『ルドルフとイッパイアッテナ』のあらすじ・見どころ・見逃し配信は


(クリック/タップで楽天へ)

2016年に公開したネコが主役の動物アニメ映画『ルドルフとイッパイアッテナ』は、ほのぼの&感動的な展開が楽しめる作品です。

原作は児童文学であり、3DCGとは思えないほどのキュートな見た目のネコが見どころ!井上真央と鈴木亮平の吹替にも注目ですね。

それではあらすじ、見どころや感想結末を紹介しましょう。

[予告版動画はこちら]

『ルドルフとイッパイアッテナ』前半のあらすじ

飼われていた小さな黒猫のルドルフは飼い主を追って外に出てしまい、トラックの後ろに乗り込んでしまいます。そうして一晩走り続けたトラックがたどり着いた先は東京。ルドルフは家に帰ろうと外に飛び出し、自分よりも遥かに大きい虎猫に出会います。

名前を聞かれて「ルドルフ」だと答え、ルドルフも虎猫に名を聞くと「名前は、いっぱいあってな…」と返されました。そのためルドルフは「イッパイアッテナ」と虎猫を呼ぶようになり、飼い主の元に帰りたいと泣くのです。

街には明るい性格の猫のブッチ、地獄の番犬というあだ名も持つ犬のデビルがおり、イッパイアッテナと共に過ごし始めるのでした。
 

ルドルフは頭や目が大きく描かれていてキュートな子猫!イッパイアッテナは大きくて頼りがいのある兄貴分!その二匹が兄弟のように過ごしていく様子は、ほのぼのさせられます。

そして、イッパイアッテナは「トラ、ボス、デカ、しますけ」と人によって呼び名が変わるのがおもしろいですね。名前が「いっぱいあってな」と言う意味でルドルフに伝えた際に、そのまま名前として伝わるのもルドルフらしさを感じさせました。

かわいらしいやり取りが続きますが、イッパイアッテナがドーベルマンに対して恐れずに戦ったり、脅し文句を言う姿も見どころ!映画の後半では感動的な展開もあるのに注目ですよ。

後半のあらすじと結末(ネタバレ)

イッパイアッテナは飼い主から文字の読み方を教わっていたため教養があり、ルドルフも文字を習うことにします。そうして2匹は夏休みを迎えた学校で職員室の先生と過ごす中、テレビを見ているとルドルフの地元と同じ景色を見かけるのです。飼い主の家が岐阜だとわかってルドルフはトラックに乗り込みますが、冷凍品を運ぶ車だったためイッパイアッテナが助けに行きました。

ルドルフは叱られてまちがいに気付いて落ち込む中、岐阜行きのバスツアーがあると知って準備を進めます。しかし、イッパイアッテナがデビルにやられたと知り、ブッチと共に敵討ちへ。ルドルフは勝ってデビルに忠告し、安静にしていたイッパイアッテナの元に戻ります。

バスを逃してしまったルドルフはトラックを乗り継いで岐阜へ。家にたどり着くと新しい黒猫がいたことで再び東京に戻ります。イッパイアッテナの飼い主がアメリカから戻り、ルドルフやイッパイアッテナは一緒に過ごすのでした。

『ルドルフとイッパイアッテナ』の感想

ルドルフが頑張って地元に戻ったら、同じ黒猫がいて驚きましたね。飼い主の少女は1年間ルドルフが見つからなかったことで、ルドルフの弟にあたる黒猫を新たに飼い始めていたのです。

イッパイアッテナと共に過ごしてきて大人になったルドルフは自ら身を引き、悲しみに暮れつつも岐阜に戻るシーンは泣かされました。

イッパイアッテナもまた飼い主がアメリカに行ってしまったという悲しみを抱いていたり、ブルドックのデビルも友人が欲しいと思って寂し気にしていたりというシーンも『ルドルフとイッパイアッテナ』の見どころだと言えるでしょう。

かわいさとあふれるシーンと、そうした感動的なシーンのバランスが良い動物アニメ映画でした。

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』が好きな人におすすめしたい作品

ネコと人間のヒューマンドラマが見れる映画だと『泣きたい私は猫をかぶる』もおすすめ。
また、動物が活躍するアニメ映画が見たい方は『ペット』『ズートピア』なども良いでしょう。下記関連記事も参考にしてみてくださいね!

関連記事
動物アニメ映画のおすすめランキング!笑える&感動できる15作品

『ルドルフとイッパイアッテナ』の見逃し動画配信サービスは

『ルドルフとイッパイアッテナ』は2021年5月現在、以下の各動画配信サービスで配信されています。

動画配信サービス配信の有無
hulu見放題
Amazonプライム・ビデオ見放題
YouTubeレンタル 300円〜
Google Playレンタル 300円〜

※情報は2021年5月18日現在のものです。料金は消費税が含まれています。
※レンタルとは、月会費とは別にそれを観る時に別途課金されるもので、各サービスにより2日間~7日間程度の視聴期間が設定されています。

主な登場人物と作品概要

主な登場人物

  • ルドルフ(声:井上真央)
    本作の主人公で黒猫。岐阜市で小学生のリエちゃんの元で暮らしていたが、誤ってトラックで東京・江戸川に運ばれてしまう。
  • イッパイアッテナ (声:鈴木亮平)
    東京に着いたルドルフが出会った大きなトラ猫。野良猫だが以前はきちんと飼われていて、日本語の読み書きができる。ルドルフに野良の暮らしを教えていく。
  • クマ先生(声:大塚明夫)
    小学校の教師で、本名は内田。イッパイアッテナと出会い、仲良しになる。
  • ブッチー(声:八嶋智人)
    商店街の金物屋さんの飼い猫。ルドルフとも仲良くなる。
  • デビル(声:古田新太)
    凶暴なブルドッグでイッパイアッテナを襲う。
  • リエちゃん(声:佐々木りお)
    ルドルフの飼い主の女の子。

作品概要

  • 【原作】斉藤洋・作、杉浦範茂・絵、講談社刊『ルドルフとイッパイアッテナ』『ルドルフともだちひとりだち』
  • 【監督】湯山邦彦、榊原幹典
  • 【脚本】加藤陽一
  • 【企画・プロデュース】岩佐直樹
  • 【音楽】佐藤直紀
  • 【主題歌】back number「黒い猫の歌」
  • 【企画・製作幹事】日本テレビ放送網
  • 【制作会社】 Sprite Animation Studios、OLM、OLM Digital
  • 【製作】「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 【配給】東宝
  • 【公開】2016年8月6日
  • 【上映時間】89分

 
黒ネコ・ルドルフの知恵と勇気と友情の物語「ルドルフとイッパイアッテナ」「ルドルフと いくねこ くるねこ」「ルドルフともだちひとりだち」「ルドルフとスノーホワイト」の4巻セット。

created by Rinker
講談社
¥2,477(2021/06/16 21:11:25時点 Amazon調べ-詳細)

本編ブルーレイに、プロモーション映像集やスピンオフ映像などがたっぷり入った特典映像ブルーレイをセットし、スペシャルブックレットの特典が付いた豪華版セット!