『エンド・オブ・ホワイトハウス』のあらすじ結末・感想・見逃し動画配信先

2013年に公開された『エンド・オブ・ホワイトハウス』は人質となった大統領を救うマイクにハラハラさせられる映画!

シークレットサービスとしての経験を活かしてスピーディーにホワイトハウス駆け回るマイク、対するテログループも容赦が無い…

そんなアクションを楽しめて、シリアスな様にドキドキするストーリーのあらすじと見どころを紹介していきましょう。

[予告版動画はこちら]

前半のあらすじ(ネタバレ無し)

シークレット・サービスのマイクは大統領の警護中、夫人を守れずに死なせてしまったことを後悔し仕事を離れます。

それから2年が経ったある日、大統領が韓国首相と対談のするため、厳重に警備されるホワイトハウス…

そこに戦闘機が米国の領空に入ったことで撃墜の命が下される中、そのまま街へ墜落。

ホワイトハウス近隣にも煙が上がり避難が促されますが、民間人に成りすましたテロのグループが一斉にホワイトハウスを襲撃し始めます。

その騒動を見たマイクはホワイトハウスへ向かい、大統領たちが地下に避難していると知って潜入。地下では護衛たちの裏切りにより韓国首相が殺され、核のコードを求める交渉が始まっていました…

マイク演じるジェラルド・バトラーの良さ

後悔するマイクの姿が切ない最初のシーン… 彼を演じるジェラルド・バトラーの重い面持ちが印象的でしたね。

そこからのアクションも見もの! シリアスに展開される事件の中で、表情を崩さずにひたすら大統領を救うために行動をし続ける姿がストイックでした。

そんな救出劇は序盤からホワイトハウスを警護する者たちはバッタバッタ死んでいく…その様子はまさに戦争のような悲惨な映像であり、事の重大さを物語っていたのも見どころでしょう。

テログループは容赦が無い!

テログループは用意を入念しており、スモーク弾はだけでなく車から機関銃やロケット弾で制圧しにかかる様がすごかったです。

そんな圧倒的な制圧の中、ホワイトハウス内でも警護の者を銃で撃つ際に、しっかり頭を撃ち抜いて殺しにかかる周到さも持ち合わせていて、容赦の無い姿を見せてくれました。

結末(ネタバレあり)

大統領にコードを吐かせるべく、彼の息子のコナーの身に危険が迫ります。

マイクは先にコナーを見つけるのに成功し、大統領を助けようとホワイトハウス内で奮闘。そこに軍が潜入を試みたことでテロのリーダーの怒りを買い、人質が殺されたりする中で事態が大きく動きつつも、最後は大統領を救うことができたのです。

感想や他のおすすめ作品の紹介

オールハッピーとは言えないまでも、最後は救出が叶ったことは良かったとも思いましたね。

そしてマイクも敵相手に応戦する様がとてもカッコよかった! 銃で素早く敵に照準を合わせて撃ち抜き倒していくアクションは見ものです。

シリーズ2作目『エンド・オブ・キングダム』でもマイクの活躍は続き、3作目『エンド・オブ・ステイツ』では彼が囚人服を着ることに…!? シリーズを続けて見たくなる映画です!

◆この映画が好きな人におすすめしたい作品◆
『ホワイトハウス・ダウン』もホワイトハウスを舞台に人質事件を解決していくアクション映画です。チャニング・テイタムのアクションも見ものですよ。また『ダイハード』シリーズも、テロのグループに捕まった人質を助けるため単独で挑むことになるストーリー! ブルース・ウィルスの悪態の付く様は笑わせてくれるので見やすいでしょう。

作品概要と主な登場人物紹介

作品概要

  • アメリカ映画
  • 【監督】アントワーン・フークア
  • 【脚本】クレイトン・ローテンベルガー、カトリン・ベネディクト
  • 【製作】ジェラルド・バトラー、エド・カゼル三世 他
  • 【製作総指揮】ボアズ・デヴィッドソン、マーク・ギル 他
  • 【音楽】トレヴァー・モリス(英語版)
  • 【製作会社】ミレニアム・フィルムズ
  • 【配給】フィルム・ディストリクト、アスミック・エース
  • 【公開日】(米)2013年3月22日(日本)2013年6月8日
  • 【上映時間】120分
  • 【言語】英語/日本語吹替

主な登場人物

  • マイク・バニング特別捜査官(ジェラルド・バトラー 吹替:宮内敦士)
    本作の主人公。アメリカ合衆国大統領とその家族を守るという特別任務を持つ、シークレット・サービス。
  • ベンジャミン・アッシャー(アーロン・エッカート 吹替:井上和彦)
    アメリカ合衆国大統領。韓国首相との会談の最中、国籍不明のロッキードAC-130輸送機に襲われる。
  • コナー・アッシャー(フィンリー・ジェイコブセン 吹替:白石涼子)
    大統領の令息。
  • マーガレット・アッシャー(アシュレイ・ジャッド 吹替:佐々木優子)
    大統領夫人。
  • アラン・トランブル(モーガン・フリーマン 吹替:坂口芳貞)
    下院議長。
  • ルース・マクミラン(メリッサ・レオ 吹替:佐藤しのぶ)
    国防長官。
  • エドワード・クレッグ(ロバート・フォスター 吹替:西村知道)
    陸軍参謀総長。
  • カン・ユンサク(リック・ユーン 吹替:山野井仁)
    KUF指導者。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』の口コミ

『エンド・オブ・ホワイトハウス』の見逃し動画配信サービスは

『エンド・オブ・ホワイトハウス』は2019年11月現在、以下の各動画配信サービスで配信されています。
ここでは関連した映画として、続編の『エンド・オブ・キングダム (2016年)』も合わせて配信情報を記載しておきます。

動画配信サービスエンド・オブ・ホワイトハウスエンド・オブ・キングダム
U-NEXT見放題(2019年11月30日で終了)見放題(2019年11月30日で終了)
Hulu見放題見放題
Amazonプライム・ビデオ見放題見放題
FODプレミアム××
dTV見放題見放題
NetFlix見放題見放題
ビデオパス見放題×
You Tubeレンタル 300円~+税レンタル 400円~+税
Google Playレンタル 300円~+税レンタル 400円~+税
※情報は2019年11月17日現在のものです。料金には消費税が加算されます。
※レンタルとは、月会費とは別にそれを見る時に別途課金されるもので、各サービスにより2日間~7日間程度の視聴期間が設定されています。

チェックしておきたい!『エンド・オブ・ホワイトハウス』関連グッズ


●こちらの記事もどうぞ

関連記事

2013年の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』2016年の『エンド・オブ・キングダム』に続く、ジェラルド・バトラー主演・製作のアクション映画第3弾が、今回ご紹介する『エンド・オブ・ステイツ』です。現在公開中ですが、今作もヒットの予感です。[…]


スポンサーリンク
エンド・オブ・ホワイトハウスアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!