映画『パッション』のあらすじ・見どころと見逃し配信の動画視聴先

今回ご紹介する映画は『パッション』。原題は『The Passion of the Christ』で「キリストの受難」と言う意味のアメリカ映画です(2004年公開)。監督は俳優としても有名なメル・ギブソン。

キリスト教新約聖書四福音書に書かれている、キリストの受難・磔刑・処刑に至るまでの12時間とキリスト復活を描いた作品です。

敬虔なカトリックとしても知られる監督の意向で、セリフは全編アラム語とラテン語、訳語の語彙も指定され吹き替えも制限されています。

[予告版動画はこちら]

 

『パッション』のあらすじ

イエス・キリストは周囲から愛され尊敬され生活していました。
ところが、ある特殊な能力と弟子であるユダの裏切りによって生活が一変してしまいます。

かねてからイエスの人望を疎ましく思っていたユダヤ教ファリサイ派の権力者達は、イエスがメシア(救済者)を名乗る事を許さず、罪をねつ造し捕縛する事に成功します。

イエスは贖罪を求めますが、ユダヤ教徒たちはローマからの追放を望んでいました。

一方で、ユダヤ教権力者達はイエスの人望と不思議な能力に恐怖を感じていた為に、イエスをこの世から亡き者にしようと画策します。

唯一訪れた恩赦の時…

イエスの期待とは裏腹に、極悪人の罪人が釈放され、イエスは処刑される事が決まってしまうのです。
 

一言で言うなら、圧倒的な描写です。

仏教が土台になっている日本ではなかなか知られていないキリスト教の世界観が描かれているのですが、聖書の中でもとくに有名な記述が映像化されています。

しかも、リアルな描写で有名なメル・ギブソン作品。磔刑(たっけい)のシーンをはじめ、受難のシーンなどの痛々しい描写は目を覆いたくなる程です。しかし、監督が描きたかった世界観がそこには広がっています。

お勧めポイント

シン・レッド・ラインやオーロラの彼方へで有名なジム・カヴィーゼルですが、それらの作品からは想像もできない熱演に心を打たれます。

作品を見ていく内に、俳優ジムではなく本物のイエスに見えてくるほどです。

日本人には馴染みのない聖書の世界ですが、キリスト教の根幹である博愛主義の有名な福音箇所を描いた内容なので、知識のない方にもイメージしやすい内容となっています。

グロテスクな描写が苦手な方は、鑑賞にご注意ください。

作品概要と主な登場人物紹介

作品概要

  • アメリカ映画
  • 【監督】メル・ギブソン
  • 【脚本】ベネディクト・フィッツジェラルド、メル・ギブソン
  • 【製作】ブルース・デイヴィ、スティーヴン・マケヴィティ
  • 【製作総指揮】エンツォ・システィ
  • 【音楽】ジョン・デブニー
  • 【配給】日本ヘラルド映画
  • 【公開】(米)2004年2月25日(日本)2004年5月1日
  • 【上映時間】127分
  • 【言語】アラム語、ラテン語、ヘブライ語

主な登場人物

  • イエス・キリスト(ジム・カヴィーゼル)
    本作品の主人公。
  • マリア(マヤ・モルゲンステルン)
    イエス・キリストの母・聖母。
  • マグダラのマリア(モニカ・ベルッチ)
    新約聖書に登場する、イエスに従った女性。マリヤ・マグダレナとも言われる。
  • サタン(ロザリンダ・チェレンターノ)
    悪魔。
  • クラウディア( クラウディア・ジェリーニ)
  • イスカリオテのユダ (ルカ・リオネッロ)
    新約聖書に登場するイエスの使徒の一人。
  • ペトロ(フランチェスコ・デ・ヴィート)
    新約聖書に登場するイエスの使徒の一人。
  • ヨハネ(フリスト・ジフコフ)
    新約聖書に登場するイエスの使徒の一人。

『パッション』の口コミ

『パッション』の見逃し動画配信サービスは

主要動画配信サービスを調べてみましたが、2019年11月現在『パッション』はネットでの動画配信はありませんでした。
DVDの宅配サービスではありましたので、掲載しておきますね。

(情報は2019年11月6日現在のものです。)

チェックしておきたい!『パッション』関連グッズ



スポンサーリンク
パッションアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!