映画『桐島、部活やめるってよ』のあらすじ結末・感想・見逃し動画配信先


(クリック/タップで楽天へ)

2012年に公開された『桐島、部活やめるってよ』は朝井リョウのデビュー作品を映画化した学園ドラマです。

桐島をきっかけに各自の人間模様が変化していく中、各部活を努める生徒たちの過ごし方に引き込まれていくストーリー。

視点が切り替わっていく演出がおもしろく、他の見どころやあらすじと感想結末を紹介しましょう。

[予告版動画はこちら]

『桐島、部活やめるってよ』前半のあらすじ

とある高校にて「桐島がバレーボール部を辞めるらしい」そうした噂が生徒の間に流れ、バレー部員は大会前なのにと嘆いていました。

桐島の親友・菊池や恋仲・リサは連絡が取れずに不安と憤りを感じる中、吹奏楽部や映画部の部員たちにも関わっていくのです。

映画部の前田は友人と共に新作の撮影に悩んでおり、顧問には映画大会の一次を突破した作品「君よ拭け 僕の熱い涙を」の続編を撮るように言われました。

しかし、前田はゾンビが登場する映画の撮影を決意。屋上で撮ろうとすると吹奏楽部の部長・沢島がいたためどいてもらおうとするのですが… 彼女はそこから見える帰宅部の菊池が気になって見ているのでした。

―それぞれの部の大会があったり、関係性にも注目しつつ後半を紹介していきます。
 

登場人物たちの視点でその日の出来事を繰り返し見ていくという演出がおもしろい映画です。

月曜、火曜という場面の切り替えにより登場人物の時系列を追いつつ、各々の心情が分かっていくのが見どころですね。また、小説が元となった実写映画とのことで、登場人物のキャラクターに合わせたキャストがわかりやすいと感じました。

「部活に頑張りすぎるってダサくない?」と考える帰宅部、一方で大会のために懸命に生きる部員たちの考えはそれぞれ思うことが多いですね。誰が誰を好きなのか、恋人なのか。憧れやコンプレックスの対照なども把握していくと分かりやすいでしょう。

後半のあらすじと結末のネタバレ

前田は先生に反対されつつも映画撮影を継続。休みの日には古い映画を見に行きますが、そこで東原に会うのです。少し気になる存在でありながらも、引き続き部員と共に撮影を続けるのでした。

菊池は帰宅部仲間と過ごす中、桐島が屋上にいると聞いて向かいます。
その噂を聞いた生徒の何人かが屋上に集う中、撮影中の前田と部員たちは驚きます。桐島がいなかったことに憤った生徒は撮影用の道具を壊し、前田はゾンビ役の部員たちに彼らを襲うよう指示。8ミリカメラでリアルな情景を撮影したのです。

沢島は菊池とサナが校舎裏でキスをしているのを目撃し、思いを断ち切ります。その後、音楽室で合奏すると良い仕上がりとなりました。

『桐島、部活やめるってよ』を観た感想

結局、桐島自身は登場しないという映画の作風は珍しいとも思いましたね。

前田が気になっていた東原には恋人がいたり、沢島も菊池への思いを諦めたりと高校生らしいロマンス模様が印象的。部活に打ち込むと決めた彼らの姿はたくましかったです。

一方、帰宅部の女子生徒たちの上下関係にはハラハラ。特に屋上に集まった際に一触即発となる前田たちを見た一人が「やっちゃえ、やっちゃえ」と無邪気に言い、その子に平手打ちをする友人だった女子…
抑えていた感情をぶつけあう屋上のシーンは見どころでした。

高校生特有の思い通りにはいかない感じがリアルであり、それでも生きていかなければならないという思いが伝わってくる映画でした。

◆映画『桐島、部活やめるってよ』が好きな人におすすめしたい作品

映像の撮り方が『カメラを止めるな!』を思い出しましたね。前後半で視点が変わる演出がおもしろいです。神木隆之介の主演の映画といえば『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』もオススメですよ。

『桐島、部活やめるってよ』の見逃し動画配信サービスは

『桐島、部活やめるってよ』は2020年10月現在、以下の各動画配信サービスで配信されています。

動画配信サービス配信の有無
U-NEXT見放題
hulu見放題
Amazonプライム・ビデオ×
FODプレミアム×
dTV×
NETFLIX×
TELASAレンタル 440円
YouTubeレンタル 300円〜(HD)
Google Playレンタル 300円〜(HD)

※情報は2020年10月25日現在のものです。料金には消費税を含んでいます。
※レンタルとは、月会費とは別にそれを観る時に別途課金されるもので、各サービスにより2日間~7日間程度の視聴期間が設定されています。

主な登場人物と作品概要

主な登場人物

  • 前田 涼也(神木隆之介)
    真面目で地味な性格の、高校2年生。映画部に所属していて、自分の曲本による映画に情熱を燃やす。東原かすみとは中学の時に親しかったが今は疎遠になっている。
  • 東原 かすみ(橋本愛)
    バドミントン部に属する高校2年の女子。実果・梨紗・沙奈と仲良しグループ。友人の間ではうまく立ち回れるが、反面、友達にも隠し事をするような面がある。
  • 菊池 宏樹(東出昌大)
    野球部に属する高校2年の男子。桐島の一番の親友で、桐島が黙ってバレー部をやめたことに動揺する。
  • 宮部 実果(清水くるみ)
    かすみと同じバドミントン部の女子で高校2年生。真面目な性格。かすみ・梨紗・沙奈とは仲がいいが、本音では他の3人にコンプレックスを感じている。
  • 飯田 梨紗演 (山本美月)
    高校2年生。桐島の彼女だったが、部活をやめることも聞かされず、黙っていなくなったことにショックを受ける。
  • 野崎 沙奈(松岡茉優)
    高校2年生で、宏樹の彼女。良い子だがつい他人を見下すような態度になるのが欠点。

作品概要

  • 【監督】吉田大八
  • 【脚本】喜安浩平、吉田大八
  • 【原作】朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』
  • 【製作】北島和久、枝見洋子
  • 【製作総指揮】奥田誠治
  • 【音楽】近藤達郎
  • 【主題歌】高橋優「陽はまた昇る」
  • 【制作会社】日テレアックスオン
  • 【製作会社】映画「桐島」映画部
  • 【配給】ショウゲート
  • 【公開】 2012年8月11日
  • 【上映時間】103分

 


本編のブルーレイディスクと、音声特典・映像特典が入ったDVDの2枚組セット。

created by Rinker
¥4,810(2021/06/16 21:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

朝井リョウ氏の同盟の原作本(集英社文庫)。
created by Rinker
¥440(2021/06/16 21:20:08時点 Amazon調べ-詳細)